FC2ブログ

プロフィール

KUMANO

Author:KUMANO
松濤派ブログへようこそ。

古流松濤派華道•
茶道裏千家熊野教室
のホームページは↓こちらから
http://shoutouha.net


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の6/22(日)当社中が在籍しております、淡交会東京第一東支部の総会が両国の江戸博物館大ホールにて開催されました。
写真 2-4

入口には呈茶席を設け、来場した会員の皆様にまずは一服。
写真 3-4

仮床。軸は傅衣和尚の「山更幽」
写真 1-4

今回熊野は水屋にてひたすらに茶筅を。
写真 5-2
先生方の手際の良さ、連携など勉強になりました。

300余の会員の方がいらっしゃいました。
写真 4-2
このあとは特別講演会
「能の魅力」
宝生流能楽師 内藤飛能先生による、能についての講座と
特別実演をして頂き、ご丁寧なお話を伺いながらも、実際に実演してくという、
なんとも贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

皆様有り難うございました。
スポンサーサイト
先日の4月9日(火)に執り行われました、裏千家 湯島天満宮献茶式においての
奉賛茶会 濃茶席を熊野宗廣社中にて持たせて頂きました。
当日はお天気にも恵まれ本当に沢山のお客様にいらして頂きました。
また坐忘斎御家元はじめご宗家の皆様、ご来賓の皆様にも沢山のご一行様にも、ご光来賜り厚く御礼申し上げます。
13656068556230.jpg


本当に身の引き締まる思いの、貴重なお席を持たせて頂きました。
運営の淡交会第一東支部の先生方有り難うございました。

そしてお手伝い頂きました社中の皆さま、
朝早くから休み無くお疲れになった事と思います。
本当に有難うございました。

当日の模様が裏千家のサイトに載ってると教えて頂きましたので
是非ご覧になって下さい。
http://www.urasenke.or.jp/textm/headq/soke/kencha/ken25a/ken25a-04/ken25a-04.html

当流派の行事ではありませんが、書いてみます。

先日の9月1日のこと。 私熊野が広報委員長を勤めてます裏千家淡交会すみだ青年部の行事です。
SH3I0392.jpg SH3I0393.jpg

両国にある東京慰霊堂にて秋季慰霊祭が行われ、裏千家の4つの青年部合同にて呈茶席を設け参拝にいらした方へお茶を差し上げました。

SH3I0388.jpg
関東大震災は、1923年(大正12年)9月1日午前11時58分32秒(以下日本時間)、神奈川県相模湾北西沖80kmを震源として発生したマグニチュード7.9、海溝型の大地震が起き、千葉県から静岡県東部までの広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大の被害を与えた。
190万人が被災、14万人余が死亡あるいは行方不明になったとされる。地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、136件の火災が発生した。加えて能登半島付近に位置していた台風により、関東地方全域で風が吹いていたことで強風に煽られ、火災旋風を引き起こしながら広まり、鎮火したのは2日後の9月3日午前10時頃とされている。
なお、地震以後も気象観測を続けた東京の中央気象台では、1日21時頃から異常な高温となり、翌2日未明には最高気温46.4度を観測したという凄まじい災害。

SH3I0384.jpg芳賀先生筆「夢」

この日は気温36℃を上回るという記録的な猛暑日。
SH3I0398.jpg
日なたはかなり厳しいですよね。私も8年参加しておりますが、こんなに暑い日は初めてでした。

参拝の方はお年の方が多いので急遽水屋を縮小し、テントでの呈茶になりました。
SH3I0396.jpg
87年も経っている事と、この日は暑かったせいもあってか、お客様には280名あまりと年々少なくなってきておりますが、やはり参拝にいらした方は毎年ここでお茶を頂く事を楽しみにされている方も沢山いらっしゃる様です。

香ってくる焼香と響き渡るお経とで身の引き締まる思いでした。

青年部の皆さま、関係者の皆さま、お疲れさまでした。

次は3月10日、東京大空襲慰霊祭です。

風薫る

緑がどんどん濃くなる季節ですね。しかしもう真夏日のところもあるような、暑い日が続いてますね。
皆さま、体調など崩されませんように。

連休を使って風炉に変わりました。
8jou2.jpg
炉の切ってあった畳も、丸畳にかえるとやはりすっきりとしますね。

さて柄杓をいやがる方もいらっしゃいますが、お稽古頑張りましょう。
p-furotana.jpg

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。